ファクタリングの仕組みについて

Web Template

ファクタリングとは、企業の持つ売掛債権を素早く現金化することができる取引を指します。

商品の納品が終了しており、代金の請求を行っているがまだ支払いが行われていない債権が売掛債権です。


この売掛債権を専門業者が買い取るのがファクタリング取引です。企業間の仕入などの取引には現金ではなく掛により行われるのが大部分であり、相手の企業の支払い期限によって現金化するまでに時間的隔たりが生じます。

ファクタリング情報が探せます。

売掛債権の回収までの時間が長い場合、経営や取引の状況によっては現金不足が発生し、決算上は黒字でも資金繰りが悪化してしまうことがあります。

教えて!gooの情報を調べてみましょう。

特に銀行などからの融資がなかなか受けられない中小企業では深刻な影響が出る可能性があり、素早く現金化できるファクタリングはニーズに合致したものとなっています。

売掛先企業によっては支払いが半年後になるといった契約の場合もあり、資金繰りの悪化を避けるために有効な手段となるほか、ファクタリングは金融機関からの融資のように借入金ではないため、利子の支払いも発生しません。
また、売掛先の企業が万が一倒産した場合にも、譲渡金を返済する義務はないので支払いのリスクが発生しないことは非常に大きなメリットとなります。



一方でファクタリングを利用するためには手数料などの費用がかかるため、売掛金を期日まで待って回収した場合よりも手数料などの額だけ目減りしてしまいます。また自社と売掛先企業と専門業者の三社間の取引となるため、交渉や手続きに手間や時間がかかる可能性があります。